デザイナーインタビューデザイナーが語るユニフォームとは? 新人デザイナーが聞きました

普段着用する一般アパレル服とユニフォームの違いとは何でしょうか?

  • 企業を表現するものであること。そのため企業としての価値を高める演出が大切です。
  • 個人の購入、企業の購入という購入のスタイルの違いもあります。
    企業から預けられる訳ですから、取り扱いにも注意が必要ですね。
  • ユニフォームは企業の一員である証、ということですね。
  • ユニフォームは毎日着用するという点や、着る方の年齢や体型の幅が極端に広いことも違いとして挙げられます。
  • 着用期間も回数も多いユニフォームには特別な配慮が必要なのですね。

ユニフォームを企業が採用するメリットとは何でしょうか?
デザイナーのお二人はどのようにおすすめしていますか?

  • 私個人がまず感じていることは、「皆さんの身だしなみが統一されること」です。企業にとって、どなたもがきちんと揃っていることは、訪れる人から見ても気持ちよく、その企業を制服から感じ取る材料の一つになります。
  • 服装が揃っていると、見る側は安心感を感じますよね。
    着る側はどうなのでしょうか?
  • ユニフォームを着ることで、オンとオフの気持ちの切り替えができるとよくお聞きします。モチベーションのアップ、作業効率のアップ、企業アピールなど、様々な効果がありますね。
  • ユニフォームは企業イメージを表現する最もわかりやすいアイテムの一つです。よりシンプルでわかりやすい表現でイメージを発信することが企業イメージをアップさせます。
  • 企業アピールにもなるのですね!
  • 加えて、一般の衣料以上の快適な着用感を可能にすることもメリットと言えますね。

お客様からはどのようなご要望をいただきますか?

  • 傾向として、接客や案内など対面でのお仕事の場合は審美性を、ハードワークの場合は機能性を重視されるお客様が多く、そのようなご要望をいただきます。
  • 動きやすさや収納性、扱いやすさなどのメンテナンス性に関するご依頼を多くいただきますね。
  • 企業らしさ、好感度、清潔感といったことも大切にされています。
  • ユニフォームに求められるものはたくさんあるのですね。
  • 幅広い年齢層や体型の人にマッチすることもリクエストされる項目です。
  • どなたにも似合うこともポイントの一つなのですね。

デザイナーとしてこちらから質問することはありますか?
押さえているポイントは何ですか?

  • まずは「お仕事内容」「ご不便を感じておられる点」などをお聞きします。順を追ってリニューアルに向けての具体的なご要望や、ご希望のカラーなどをご質問します。
  • 「どんなカラーがよいか?」など基本的なことはみんな、依頼者である企業、お客様が決めることが望ましいですね。
  • お客様のお仕事内容だけでなく、どのようなコンセプトをお持ちなのかも大切になってくるのですね。
  • デザインするために本当に確認したいことは、お客様がユニフォームで「何を表現したいか?」です。これはその企業にしかわからないことですから。
  • お客様の思いを、ユニフォームというかたちにするいうことですね。

ユニフォームをデザインする上で気をつけていることは何ですか?

  • お客様の職種を理解し、ご要望を反映し、どう新しさを表現していくかという点を気をつけています。
  • まず始めに考えることは、その企業のイメージをどう高めるかです。
    着用者が着たいと思うことに加え、その企業にとってプラスであることが大切だと思います。
  • 企業イメージの向上にもつながるユニフォームには、重要な役割があるのですね。やはりトレンドも意識されるのでしょうか?
  • デザイン的には鮮度やアパレル的な要素を取り入れながらも、長期の着用を踏まえ「風化しないデザイン」であるかを再考します。

ユニフォームを一言であらわすとしたら?

  • 企業のブランディングを表現するツール。
  • 時代や企業と共に「進化する衣服」でしょうか。
  • 企業ユニフォームには大きな力があるのですね。
    ありがとうございました!