私たちの環境への取り組み

再生ポリエステルから成るエコ素材を利用した提案、使用済みユニフォームの回収・再資源化、また、カーボン・オフセットつきユニフォームのご提案など、社会と地球環境がともに進化・共存できる世界のために、私たちツカモトユーエスはお客様とともに環境問題へ積極的に取り組んでいます。

リサイクル

マテリアルリサイクル

使用済みユニフォームを他の繊維資源として活用するシステムです。

製造段階でリサイクル・マークをつける方法と、製造段階でのリサイクルマークを必要とせず、使用済みユニフォームを廃棄物処理法の特例である 「もっぱら物」 として取り扱い、処理する『もっぱら物 リサイクル』があります。

リサイクルフロー
証明書類の発行

引き受け繊維製品のリサイクル終了後、リサイクル化証明書を発行します。

ツカモトユーエスは広域認定を取得済みです

広域認定制度とは

環境大臣の認定を受けた製造メーカー

地方公共団体の廃棄物処理業許可が不要
→複数の都道府県にまたがって使用済み製品の回収が可能

  • ・マニフェスト(産業廃棄物管理票)不要
  • ・効率的な運搬が可能(小口対応可)
  • ・厳しい認定基準を遵守したシステム
確実、適正な処理を実現

ツカモトユーエスでは、ほかにも環境に配慮したユニフォームの利用・管理方法をご提案しています。

カーボンオフセット

地球環境に優しい、『カーボン・オフセット付きユニフォーム』のご提案です

カーボンオフセットとは

カーボン・オフセットとは、日常生活や企業活動などでどうしても排出されてしまうCO2等の温室効果ガスの排出について、まずできるだけ排出量が減るよう削除努力を行い、どうしても排出される温室効果ガスについて、排出量に見合った温室効果ガスの削減活動に投資すること等により、排出される温室効果ガスを埋め合わせる(相殺する)という考え方を指します。

被災地J-VERについて

従来のカーボン・オフセットにおける排出枠の調達先は主に海外の事業とされてきましたが、2008年11月、環境省は国内の排出削減活動や森林整備によって生じた排出削減・吸収量を認証する「J-VER制度」を創設。カーボン・オフセット活動がきちんと温室効果ガスの排出削減に結びついていることを証明し、排出削減・吸収量の算定精度を高め、一つの活動が複数のオフセットに利用されないようにする等、信頼性のあるものとすることを目的としています。

専用の織りネーム

環境省のオフセット認証を取得

被災地復興支援型カーボン・オフセット

東日本大震災の被災地復興を支援することを目的に、被災地産のJ-VERを用いた復興支援型のカーボン・オフセットも加わることになりました。

岩手釜石の森から生まれるクレジット 岩手県釜石地方森林組合が森林整備を実施

  • 排出権の種類
    森林吸収系J-VER(環境省オフセット・クレジット制度に基づく)
  • 概要

    小規模森林所有者が出資して、組合員所有森林を適正に管理しながら地域森林の保全を目指し活動

    1. 1.森林が有する生態系サービスによる森林の価値の向上
    2. 2.プロジェクトを通じた地域雇用の拡大
    3. 3.対象流域の生態系サービス促進による森林の多面的機能の向上
    を目的とし、間伐を中心とした森林管理を通じて温室効果ガスの吸収量の増大を図る