ユニフォームに関する全てをサポート

ユニフォームは会社の信用も表します。ICチップやバーコードを活用したセキュリティ向上のためのシステムや環境に配慮したローコスト運用など、素材選びはもちろん「セキュリティを強化したい」「コストを削減したい」「信用度を向上させたい」お客様のさまざまな声にお応えします。

オリジナルユニフォームができるまで

  1. 1.オリエンテーション

    デザイナー同行の上、お客様のご要望をお伺いします。場合によっては社員の皆様の意識を調査するためのアンケートを実施したり、同業他社のユニフォームをリサーチします。

  2. 2.デザインワーク

    前項で述べた内容を分析、研究の上デザイン構築します。ご要望に沿いつつ、機能性などの付加価値を加えて新たな企業イメージを表現し、デザインしていきます。

  3. 3.プレゼンテーション

    新ユニフォームのデザインをプレゼンテーション!通常数案のプランをご用意。イラストに使用生地の見本や企画書を添えてご説明いたします。

  4. 4.サンプル作製

    選定されたデザイン画(プラン)をかたちにします。製品化された場合の仕様を検証しながらマスターパターン(型紙)をおこし、生地と附属の準備を経てサンプル作製。

  5. 5.新ユニフォーム決定

    決定後は細かい仕様やサイズ等を確認します。また量産に向けて必要数量の素材を手配。グレーディングと呼ばれる型紙のサイズ展開もこの段階で行います。

  6. 6.量産

    生地、附属、グレーディングパターンを工場に投入します。お客様にはサイズ別の数量を出していただき、量産体制に入ります。

  7. 7.納品→ご着用開始

    工場で仕上げられた製品を物流センターに集積し、お客様ご指定の場所に納品します。ご着用開始後も不良品交換、仕様変更、追加発注等アフターフォローさせていただきます。

セキュリティ・システム

ユニフォームは着用することでその事業体の一員であることを証明します。部外者から見た場合、企業としての信用を表しているとも言えます。
セキュリティ・システムで不正利用を防ぐことは、企業の信用度向上に直結するのです。

ユニフォームのIDタグ管理

ユニフォーム一枚一枚にIDタグをつけてデジタル管理をすることで、着用履歴及び現在の着用状況(店舗名、着用者氏名など)といった必要な情報がタイムリーに把握できます。

 
バーコード
バーコード

バーコードには文字や数字などが記載可能。お客様がお手元で照会確認することができるので、個人単位レンタルに適しています。製品へ縫い付けも貼り付けも可能で、クリーニングしても剥がれず、バーコードも読み取れます。さらに付け替えることで人員入れ替えのときの登録変更も容易です。

ICチップ
ICチップ

非接触で電波を感知し反応するため作業効率が上がり、クリーニングサービスを兼ねる「レンタル+クリーニング型」の運用に適しています。ICチップはより多くの情報量を記録可能。上書き、書き換えもできるので経済的です。

ユニフォーム管理のアウトソーシング

IDタグ管理によってユニフォーム業務のアウトソーシングが可能になります。

商品のリフレッシュ&ストック

配送、改修、補修、クリーニング、在庫管理などすべての業務をお引き受けします。

インターネットで着用状況、在庫確認、配送手配ができます。

発注
サイズ変更
入退職等
登録

  • ・いつでもどこでもチェック可能
  • ・急な増員に対しても手配がスムーズ
  • ・無駄な在庫を抱えたり必要数以上の注文がなくなる
ムダな経費の発注を防ぐ

セキュリティ・システムで安心、安全

退職時のユニフォームの返却状況がわかりますので、確実な返却が見込めると共に紛失や再販などの悪用を防止することができます。